お困りごとはこんなこと?

靴の合わせ方が分からない

イタイ?イタクない?がわからない

どこのお店で買えばいいの?

何をきてもマンネリ!

靴の合わせ方が分からない

 
どんな靴を選んだらよいでしょう。
 
「ヒールがそれほど好きじゃなくなった。」というヨシエさん。
デザインよりも歩きやすい、ウオーキングシューズばかり履くようになっておしゃれが楽しめなくなったとご相談を受けました。歳を重ねれば重ねるほど、機能性重視の靴を選ぶようになります。
「足が痛くならない、疲れない、歩きやすい」は絶対条件です。
しかし、靴はコーディネートのほんの一部でありながらも、トレンド感やおしゃれを格上げする存在感があります。
 
ご提案をしたのはシーズンのトレンドを取り入れた3センチのフラットヒール。
足首も固定できるストラップつきのデザインです。
 
仕事や休日のお出かけにも使えます。
 
お似合いになるベージュやネイビーにコーデと考えたスエードのオレンジは地味な雰囲気に見られて気にしていたヨシエさんを一気に明るく垢抜けさせました。
おしゃれは足元からといいます。ドレスアップするのもドレスダウンするのも靴選び。
 
靴の存在感は大きい、人は足元を意外にもチェックしています。手抜きをしてはいけないパーツのひとつが靴です。
 
 

このコーデ、イタイですか?教えて!

 
お茶会で話題にするイタイ、イタクない問題。
年齢よりも少しでも若くみられたいと思うのは世代的に男女共通している。
「年相応の魅力をだしつつ、美しく魅力的にみられる服はどんなコーデをすればよいですか」とユミエさんから質問がでました。
 
一般的に○歳はお母さんらしい。○歳は落ち着きのある・・・という刷り込みがされています。ドラマの役作りが分かりやすい例です。
年齢というよりも、体形と顔立ちと服そうのイメージがその人のバランスに合っているのか、瞬時に判断していると思います。
 
近年はデパートだけではなく、ライフスタイル提案をするショップも増えてきて大人に似合う服も沢山あります。ポイントはサイズ選びとどんなイメージに自分を見せたいかということです。服だけではなく、どんな生き方をしたいのか自分軸を決めることです。
 
憧がれの人やシチュエーションがあれば、まねから始めて演じてみる。
そうすると体つき、顔の表情や髪型、肌質まで外見がわかるようになります。
イタイと感じる多くは内面から醸し出すあなたの雰囲気と服装のアンバランスが生じることで起きます。
 
 

どこのお店で買えばいいの

ファッションコンサルティングで必ずといっていいほど
「どこで買ったらいいか迷います」
「大人が買いやすいお店が分らない」という声を頂きます。
 
 
かつてはデパートに行けば、お出かけ服や仕事服が年代別のフロアーに分れて深刻に考えなくても望み通りの服を買うことができました。
 
予算や目的によっても違いますが、いまは選択肢も多く、デパート以外にファッションビル、ファストファッション、ショッピングモール。
家からオンライン通販で買うこともできる便利な時代です。
 
それだけ情報も多くて取捨選択が難しくなりました。
 
デパート世代はファッションビルでお買い物をすることを躊躇します。
ウインドショッピングを楽しむ余裕が体力、時間ともに無くて効率よく買い物をしたいのもこの世代の特徴です。
 
ファッションビルやファストファッションでも大人に似合う服を揃えています。
好きなテイストを決めるとお店も絞られます。
 
そして、似合う服とはサイズが身体に合っていることが一番大切なポイント。
インターネットで気になる服を見つけたらブランドのホームページを見るとよいです。
 
 

なにを着てもマンネリ!

ある女性サークルでこんな声を「気がつくと同じような服をまた買ってしまって結局いつもと変わらない!マンネリ状態です。」
年齢問わずこの問題は抱えているようです。
それぞれに好きな色や似合う服のデザインがある為、同じようなコーディネートになってしまいます。イメージを変えるために違うテイストを選ぶのも、ひとつの手段ですが、かなりと冒険をすることになります。着回しを重視したコーディネートを楽しみたい場合にはキーアイテムを決めて、トップス、ボトムスをマルチにコーデをしてみます。掛け算式にコーデの幅が広がります。
 
もう一つのマンネリ打破ポイントは
服を毎シーズン何枚も買換えることより、こものを新しく追加していくことです。
旬を感じさせて影響力を持つのも、こものならではの存在感。
小さい面積だから取り入れやすいです。
靴、バッグ、アクセサリーなどはクローゼットで場所も取りません。
古くなればビンテージ物に格上げして何年でも所有することができます。
こだわり抜いた、上質なバッグやジュエリーなどは子に孫へとバトンを繋いでください。

.

だれでもこんな「困った・・・」をかかえていたり、
「もっと素敵になりたい、でもどうしたら??」と悩んだりしているものです。
服を着こなせば、あなたの魅力が引き立ちます!
 
どのサービスがあなたの悩みにお役立ちできるでしょうか?
どのサービスがあなたの魅力をいっそう引き立てるでしょうか?

.

 
 

いろいろなサービスはこちらから
 
お客様の声はこちらから