ビフォーアフターVol.3

投稿日: カテゴリー: ビフォーアフター

ワードローブカウンセリング 1

 

T様 50代 |身長 157㎝

 

【ご依頼内容】

日々の着回しと組み合わせを考えることができず、毎朝時間がかかりすぎで時短をしたかったため。体型にコンプレックスを持っており、全身を隠す事だけを気にしていたのでいつも野暮ったい感じがして自信のなさを助長していると思っていたので、服装で多少自信を持てたら良いなと考えました。仕事用のパンツスーツと休日の超カジュアルとの2分したコーディネートしか出来なかったため、オン・オフの中間で研修やセミナー、お茶会などへ参加する時、何を着たらよいかいつも悩んでいました。長期の合宿研修参加のため程よい服装を準備してほしいとの事。

 

【ご提案】

お客様はご病気をされて、それがコンプレックスでいつも隠す事ばかりのコーディネートをしていたそうです。結果、長い着丈やシューズに合わないパンツ丈は体型をカバーするベストバランスを伝え、お直修理を依頼することを提案。仕事着とオフタイムの服装がかけ離れていましたのでオフタイムで着るカジュアル服の明るい色を取り入れてオンタイムに着用できるキレイ目なカジュアルコーディネートを作りました。
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~ご感想~
コンプレックスのご理解と、それに合わせてのご提案とで、とっても安心し、そして楽しいカウンセリングでした。手持の服だけで対応して頂けたで、無駄遣いをせずに済む事。
買っても結局着ないものも沢山出てくるので、コストパフォーマンスが高いと思いました。コンプレックスのご理解と、それに合わせてのご提案とで、とっても安心し、そして楽しいカウンセリングでした。手持の服だけで対応して頂けたで、無駄遣いをせずに済む事。買っても結局着ないものも沢山出てくるので、コストパフォーマンスが高いと思いました。

 

 

ワードローブカウンセリング 2

 

Y様 40代 |身長 170㎝

 

【ご依頼内容】

子供の教育費で自分への投資がなかなかできない為、いつも同じ服でマンネリ状態です。手持ちの服を生かしてもう少し女性らしく見えるコーディネートをしていただきたく、わずかな予算で買い足すものをアドバイスしてほしいとのご依頼。
 

【ご提案】

お客様は子供の頃から背が高かったので可愛いよりもシンプルな服が好み、ハマトラブーム以来一層シンプルが好きになったそうです。服のテイストを見るとフレンチトラッドが好きなのかなと思わせるアイテムで一貫しています。一見するとボーイッシュになりすぎるので、ボリュームスカートや小物でさし色をプラス。パールネックレスや華奢なシルバーアクセサリーを使って大人女子スタイルを提案しました。これから女子会やママ会などで自分らしさを出しつつも女性らしさのある装いでY様のお人柄の良さがもっと出たらよいかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~ご感想~
ファッション業界から足を洗い早4年、50歳を目前に自分のコーディネートに少々の不安が…2人の子持、お金もかけられませんので…そんな思いから今でも現役バリバリのオミさんにチェックをお願いしました。とにかくクローゼットはモノトーン一色、アイテムはベーシックな物ばかり…それもかなりボーイッシュ寄りです。毎朝バタバタして、ついついマンネリファッションになりがち。そんなことで早速、アイテムを見てもらいコーディネートをしていただきました。やはり今の私に欠けていたのは差し色使い、小物使いでした。自覚はしていたのですが…年齢とともに顔もくすみがちになるので首元に差し色を持ってくるといいとアドバイスを受けました。なるほど、ボーイッシュなアイテムにはアクセサリー、レース使いなどでちょっとした女性アイテムを使うといいそうです。冠婚葬祭以外使わずタンスの肥やしになっていたパールのネックレスが日の目を見ることができビックリ!!私に足りないアイテムも見つけていただきました。差し色の巻物とバック、茶系のフラットな靴、大きめのアクセサリー。オミさんありがとうございました。

 
 

ワードローブカウンセリング 3

 

S様 50代 |身長 159㎝

 

【ご依頼内容】

実家の整理に行き、捨てられないでいた親の服の処分で苦労を経験しました。いざ、自分のこととなると思いれもありいつか着られる時がくるかもしれないとしまってある服をこの先も使うことができるのか一度、プロに見て頂きたかった為。また、日常の着回しと組み合わせがワンパターンになりがちで着る物がいつも同じになってしまうのでコーディネートを教えてほしい。
 

【ご提案】

独身時代からの服にはさすがにパターン的にそのまま着るのは難しいと思われるものは処分の対象とすることも必要なことであるとお話をさせて頂きました。ベーシックな着まわし易い単品アイテムは今のシルエットのアイテムとのコーディネートを提案。また、サイズがあっていなくてなんとなく着ていなかったアイテムをジャストなサイズバランスの着かたで提案をさせて頂きました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~ご感想~
秋冬物を全部出して下さいと言われ、リビングに並べたところ、何年も着ていないコートやスーツが山程出てきました。独身時代に買ったもので素材が良く傷みも少ないので処分できずに、ずっと置いてありましたが、オミさんから『10年先にこの洋服着るか考えてみて下さい。』と言われ、確かに絶対着ないなと思い処分する決断が出来ました。又、素人目で見ると最近のデザインと変わらないジャケットやコートも最近のものとはココが違うんですよと教えていただき、納得し、惜しみなく処分する事が出来ました。又、今シーズン衝動買いで、今まで着たことのないカラーのカーディガンとコーディガンを購入したのですが、色合わせが難しくなんとなく違和感があり、値札がついたままの状態だったのですが、オミさんのアドバイスで自分の似合うカラーを首元に持ってくると抵抗なく着られる事もわかりました。今回の診断で同じ色や同じ型の洋服ばかりあることを再認識しました。そして、同じ様な服装でも小物使いで雰囲気が変わるような着こなし方も教えていただきました。パンツの丈を少し短くしただけで下半身がとてもスッキリ見えたり、靴やブーティの合わせ方でカジュアルになったり、エレガントになったりする事もわかりました。クローゼットも、今まで1本のハンガーに2枚重ねて吊るしていたのですが、クローゼットがスッキリしたおかげで、一枚ずつ吊るす事ができ、すぐに取りだせるようになったので、毎朝の服選びのストレスもなくなりました。